BLOG

内部研修しました【身体拘束廃止編】

2018/10/25

先週、身体拘束廃止についてグループワークとケアビレッジの合同で勉強会をしました。

今年度の第3回目の開催なのですが、身体拘束にはたくさん種類があるのですが今回は「身体的拘束」を取り上げました。

適切でない身体拘束は虐待になります。バラの家のスタッフもベテランも介護経験の浅い人も研修をし知識を深めて身体拘束を未然に防ぐことを目的としています。

今回はスタッフお手製のムービーを作成し、実際に体験したり、意見を交流できるようにグループワークを取り入れました。

実際体験してみることで「人間じゃない扱いされてるみたい」「怖い」「恥ずかしい」など意見が出ました。

勉強をしたことでスタッフでも「前のところ(会社)ではこんなんあったわぁ」とか、実際に身内がされていることが判明したスタッフも!

バラの家一丸となって実際に体験することでリスクを学び、適切なケアを提供していけるように頑張ろうと改めて感じる勉強会でした。